風俗嬢が夢の世界へ誘う

直談判の良さは多々ある

風俗で安く遊ぶのであれば直談判も実は結構有効な手段なんですよ。実際、自分も良く直談判しますよ(笑)成功率は6割くらいですかね。風俗店側としてもお客には遊んでもらいたいって思いがあるんです。でも、割引したら際限がないと言うのもあるじゃないですか。だから直談判はタイミング次第なんですよ。良いタイミングで遊べるのであればそこはもう間違いなく出来るんです。その分かりやすい時間が閉店間際ですね。閉店間際でもまだまだノルマに達していない場合、ふと訪れてきたお客に対してアピールするしかないじゃないですか。そこでいろいろな割引を提案してくれるところも結構あるんですよね。むしろそこで普通に遊ぶのは勿体ないシチュエーションなんですよ。いわば買い手市場になっている瞬間でもありますので、その瞬間だけはこちらが強きに出れる時でもあるんです。だからこそ、それなりに主張するのは悪くはないと思いますけどね。むしろすべきですよ(笑)

確かあれは半年前だったような…

確か半年前にも彼女と遊んでいるような気がするんです。前回は彼女は違う風俗店にいたと思うんですけど、そんなことを考えながら彼女と遊んでいると、どこか懐かしい気持ちになったんですよね。「あ、これは前もしてもらった」みたいな(笑)ただ彼女からすれば半年前に一度遊んだお客のことなんて覚えている訳はないと思いますので、はじめましてを装って最後まで新鮮な時間を楽しませてもらいました(笑)彼女はこれからリピートしようって思っていた時に動向を見失ってしまった風俗嬢なんです。だから余計気持ちが入ると言うか、気になっていたんですよね。ホームページなどでも彼女がいないかどうかを探っていましたけど、とあるポータルサイト経由で彼女を見つけた時には喜びましたよ。覚えてくれているとかそんな些細なことはどうでもよいんです。彼女のあの妙技を再び味わうことが出来たというだけで、自分の気持ちは幸福なものに包まれたので、最高の時間を満喫出来たかなって。