風俗嬢が夢の世界へ誘う

丁度良い。それが風俗なんでしょうね

自分にとって風俗はまさに「丁度良い」サービスなんですよ。だって別にデートがしたいとか、ドキドキしたいってことはないんです。恋人を求めているのではなくて、性的なパートナーが欲しいだけなんですよ。でも、セフレを作るのって、ある意味恋人づくりよりも難しいと思うんですよね。恋人であれば真摯に接すれば出来るかもしれないんですけど、セフレに関しては「こうすれば出来る」というマニュアルもなかなかないじゃないですか。元々恋人でそのままセフレにって展開は耳にしますけど、いきなりセフレを作るって、かなり難易度が高いと思うんです。でも風俗であればセフレとは言いませんけど、いつでも自分が遊びたい時に遊べる性的な相手がいるじゃないですか。しかもサービスなので嫌な顔をされるようなこともありません。ということは、それだけで自分の好きなように楽しめるってことじゃないですか(笑)これは何気にとっても大きなメリットだなって。

満足は自然と与えられますよ

力まなくとも、ましてや必死になってこだわらなくても風俗では満足は当たり前のように得られるものなので、そんなに力む必要はないんじゃないのかなって思いますよ(笑)自分もこの気持ちに気付いてから、風俗が楽しくて仕方がないんですよ。それまでは「絶対に満足しよう」という気持ちはかなり強かったので、ポータルサイトなどインターネット上でいろいろと見ていてもどうしても力んでしまう自分がいたんですけど、あんまり力むのではなくて自然体で女の子と向き合うくらいの方が満足出来ると言うことに気付いたんですよね。その事実に気付かせてくれたのは自分の経験なのかもしれません。力まなく知ちゃんと楽しめるという事実に気付くようになって来たんですよ。むしろその気持ちさえあれば、それだけで十分なんじゃないのかなって思えるようになってきたので、最近ではもう全然力まなくなりましたけど、楽しさは高まっているんじゃないのかなって思いますね。