風俗嬢が夢の世界へ誘う

リフォーム記念のようなもの

リフォームしました。マンションを購入して住んでいたんですけど、思い切ってリフォームしたんです。単身なのでリフォームもそんなに大変なことではないんですけど、とりあえず誰かを家に呼びたいなと。でも友達とはなかなかスケジュールが合わないのもあってとりあえず風俗嬢でいいかなと(笑)デリヘル嬢でも自宅に呼べばそれだけでも十分なんじゃないかなってことで、とりあえず風俗嬢を呼んだんですよね。それで女の子を自宅に招いてのプレイとなりましたけど、それはそれで面白いですね(笑)やっぱり新居に誰かしら招きたいって気持ちはあるんですよ(笑)それが風俗嬢であったとしても家に他人が来ると言うことで自分の気持ちが満たされますし、風俗嬢相手となればそれで自分でも好きなように遊べるじゃないですか(笑)そう言ったことを考えると、風俗って本当にいろんな気持ちを味わえる最高のサービスだなってことに気付かされたので、最高でしたよ。

恋人?いらないですよ

少子高齢化が叫ばれていて、その解消のためにいろいろな方策が打ち出されていますけど、残念ながら自分は少子高齢化に加担してしまっています。というか、結婚なんてするものじゃないでしょう。なぜなら、結婚どころかむしろ恋人を作ることさえも男からすれば苦痛そのものじゃないですか(苦笑)自分の時間を削られ、さらにはお金まで使わされて好きでもないことに付き合い、その見返りに体でも楽しめるのかと思いきや「今日は生理」などと言われようモノなら、それこそ時間とお金を返してくれって気持ちになりますよね(苦笑)でも風俗ではそんなことは絶対に有り得ません。支払ったお金分は必ず満足させてもらえます。お客だからということを差し引いたとしても、はっきり言って風俗の方が自分が求めている時だけの付き合いで良いので気軽なんじゃないのかなって思いますよね(笑)ぬきたいっておもったらぬく。それ以外では自分の時間を満喫する。これが男の理想ですよ。